ゴキブリパトロール

Loading...

東京周辺で新築入居前のゴキブリ予防・対策・駆除業者を
お探しならお見積り24時間無料のゴキブリパトロール

menu

お問い合わせ・ご相談無料!

お問い合わせ・
ご相談無料!

WEBお問い合わせ

お電話0120-197-466

LINEお問い合わせ

ゴキブリを見ない寒い時期!ゴキブリはどこにいるの?

夏の時期に活発なイメージがあるゴキブリ。しかし、冬の時期に見かけることは少ないですよね。寒い時期になると冬眠する生き物もいますが、ゴキブリは冬眠しません。では、寒い冬の間、ゴキブリはどこにいるのでしょうか。今回は冬のゴキブリについて解説します。

なぜ、冬にゴキブリは見かけないの?

そもそもゴキブリは寒さに弱い生き物です。20~25度程度の気候であれば活発に活動しますが、10度以下になると動きが鈍くなり、5度以下ではふ化しにくくなると言われています。そのため、冬場はひっそりと身を潜めているのです。つまり、ゴキブリは「越冬」するのです。
では実際、冬のゴキブリはどこにいるのでしょうか。

冬のゴキブリが潜んでいるところとは?

屋内にいる多くのゴキブリは、暗くて暖かく、適度に湿度が高い場所に潜んでいます。ここでは特に好まれる場所と、その場所における対策方法を詳しくご紹介します。

隠れ家1.電化製品の下や裏

家庭では、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電話機など、冬でも常に電気が通って暖かい、家電の下や裏にいることが多いです。特に冷蔵庫や洗濯機などは、人目につきにくい、掃除がしにくい、適度に水分があるなど、ゴキブリが通年好む場所でもあります。ですので、冬の時期に侵入を許したり、放っておいたりすると、その場所がずっとゴキブリのすみかになることが大いに考えられます。
万が一、このような場所がすみかになってしまうと、ゴキブリの死骸や排せつ物が原因で、電化製品の基盤がショートしたり、雑食のゴキブリがコンセントやケーブルをかじって故障させたりする恐れもあります。
対策としては、ゴキブリを寄せ付けないように年に一度は大型家電を動かして、ゴキブリのエサとなるゴミやホコリを取り除くことが望ましいです。また、毒エサを置くことも有効です。

隠れ家2.ダンボール

ダンボールは保温、保湿に優れ、太陽光や蛍光灯の光を遮る厚みもあるため、冬場のゴキブリのすみかに最適な場所です。また、ダンボールを捨てようとする際にたたんで重ねることが多いですが、あの適度なすき間もゴキブリは好みます。さらに雑食のゴキブリはダンボールも食べるため、冬の飢えをしのぐのに、ダンボールはぴったりな場所なのです。
特に近年、ネットショッピングなどでダンボールが届けられることが多い方は、注意が必要です。配達前のダンボールは倉庫などに置かれていることが多く、ゴキブリやゴキブリの卵が潜んだ状態でダンボールが届けられる可能性があります。そのため、配達された荷物は、玄関先で開封して中身だけ部屋に持ち込み、いらないダンボールはすぐに処分するといいでしょう。もし、すぐに捨てられない場合には、すき間をつくらないようにたたみ、ゴキブリが住みにくいように縦に置いておくのがおすすめです。それでも不安な方はビニール袋にダンボールを入れて、口をテープでふさいで保管しておくといいでしょう。

隠れ家3.エアコン

冬の寒い部屋を暖めてくれるエアコンは、ゴキブリにとって絶好の環境です。なぜなら、冬でも暖かく、暗くて狭く、ホコリなどの食料があり、運転時に排出される水もあるからです。しかも奥に住み着くと人の目からも逃れられ、快適に過ごせます。もし、夜中にエアコンからカサカサという音がしたり、エアコン下に1~2mmほどの黒い粒をしたゴキブリのフンがあったりした場合には、ゴキブリがエアコン内にいる可能性が高いです。対策としては、燻煙剤を使って駆除するのがおすすめです。また、予防対策としてエアコンへの侵入を防ぐために、エアコンの排水ホース(ドレンホース)にキャップを付けたり、配管のすき間をパテで埋め直したりすることが効果的です。さらに、エアコンのフィルターをこまめに掃除してホコリやチリを排除してゴキブリが住みにくくしたり、エアコン内の湿度を高めないために送風モードを使って乾燥させたりするのもおすすめです。

隠れ家4.天井裏

断熱効果の高い家では、暖房器具を使用することで、天井裏に暖かい空気がたまるため、天井裏をすみかにするゴキブリもいます。そのため、できれば天井裏の掃除をしてゴキブリのエサとなるゴミやホコリを掃除するのが理想です。また、ゴキブリは適度な湿度も好みます。寒い冬場は加湿器を使って部屋の中に湿度をためがちです。そこでこまめな換気して、湿度を下げることで冬のゴキブリ対策になります。温度も下げられるためゴキブリの活動も抑えられるため、一日数回は窓を開けて換気をしましょう。

まとめ

紹介したように、冬場はゴキブリの活動が弱まるため、駆除するのにベストな時期です。燻煙剤や毒エサなどを使って退治するのもいいですが、天井裏やエアコン内など、自分だけでゴキブリ退治をするのは何かと大変です。そこでこの時期にゴキブリ駆除業者に依頼してみてはいかがでしょうか。知識と経験豊富なプロ業者に任せれば、気持ちよく春を迎えられるはずです。
「ゴキブリパトロール」なら侵入経路の調査をし、お客様のご希望に合ったゴキブリ駆除および予防対策を行います。東京周辺でゴキブリ対策にお悩みなら、ぜひ「ゴキブリパトロール」にご相談ください。